裁判員制度での休暇

退職

裁判員制度での休暇

スポンサードリンク
 
退職道場労働基準法の知識>裁判員制度での休暇

裁判員制度での休暇

裁判員制度では、裁判員は1年間有効な裁判員名簿に記載された者の中から、事件ごとにくじ引きで選ばれます。

裁判員制度は、公の職務の遂行となり、裁判員を辞退できる理由が限られており、辞退をしても認められなければ、裁判員として、裁判中は会社を休職しなければなりません。

<裁判員を辞退できる理由(原則辞退はできない)>

@70歳以上の者

A地方公共団体の議会の議員(ただし、会期中に限る)

B学生、生徒

C5年以内に裁判員や検察審査員などの職務に従事した人

Dやむを得ない事情のある人

<やむを得ない事情とは>

@重い病気または怪我。

A親族・同居人の介護。

B事業上の重要な用務を自分で処理しないと著しい損害が生じる場合。

C父母の葬式への出席など社会生活上の重要な用務がある場合。

D妊娠中または出産の日から8週間を経過していない場合。

E重い病気または怪我の治療を受ける親族・同居人の通院・入退院に付き添う必要がある。

F妻・娘の出産に立ち会う、または、これに伴う入退院に付き添う必要がある。

G住所・居所が裁判所の管轄区域外の遠隔地にあり、裁判所に行くことが困難である。

労働基準法では、労働者が、選挙権その他、公民としての権利を行使し、または、公の職務を遂行するために必要な時間を請求した場合には拒んではならないとされています。

会社が休職を与えない場合には、6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金となります。

休職中は、裁判員に裁判所から日当及び交通費が支給されますが、特に定めを作らない限り、会社はその間の給与を支払う必要はありません。

転職サイトを使いこなす!

スポンサードリンク
カテゴリ
労働保険加入は義務
労働基準法の強制力
労働者の判断基準
労働基準監督署の業務
会社設立で労災保険の届出
会社設立でハローワークの手続
募集や採用で差別禁止
ハローワークで社員募集
外国人労働者の雇入れ
会社側からの内定の取消
雇用保険の加入手続き
社会保険の加入手続き
採用の試用期間とは
労働条件の明示義務
労働契約の期間
採用時に必要な書類
労働者の賃金とは
賃金支払の原則
賃金の非常時払いと前払い
賃金の出来高払いと保障給
法律で定められた最低賃金
休業手当と休業補償
平均賃金の計算
割増賃金の計算
割増賃金の計算方法と定額残業手当
賞与の性質
退職金制度とは
60歳以上で働く場合の年金
労働時間と拘束時間
変形労働時間制とは
1ヶ月単位の変形労働時間制
1年単位の変形労働制
1週間単位の変形労働時間制
フレックスタイム制とは
三六協定で時間外労働
休日と振替休日と代休
休憩時間の規定
みなし労働時間制とは
専門業務型裁量労働時間制とは
企画業務型裁量労働時間制とは
過労死と判断される場合
管理監督者の割増賃金
年次有給休暇の発生
年次有休日数の付与日数
年次有給休暇の時間分割
年次有給休暇の時季の変更
年次有給休暇の計画的付与
産前産後の休業と手当金
育児休業について
看護休暇と短時間勤務
介護休業について
裁判員制度での休暇
休職制度について
配置転換や転勤について
出向命令について
懲戒処分について
懲戒処分の制限
セクハラについての指針
未成年者との労働契約
労災保険の補償
労災保険の病院手続
第三者行為の災害の労災保険
労災保険の休業補償
通勤災害で労災保険
安全管理者と衛生管理者とは
会社の健康診断の義務
退職の意思表示
労働者からの退職の申入
定年退職の引き上げ
解雇予告と解雇予告手当
解雇が禁止される場合
普通解雇ができる場合
懲戒解雇できる場合
整理解雇できる場合
退職の際の雇用保険の手続
退職で社会保険の手続
就業規則とは
就業規則の作成手続
就業規則の不利益変更
個別の労働紛争の解決
個別労働紛争解決システムとは
労働審判の利用
Copyright (C)退職道場All Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします