法律で定められた最低賃金

退職

法律で定められた最低賃金

スポンサードリンク
 
退職道場労働基準法の知識>法律で定められた最低賃金

法律で定められた最低賃金

賃金は、最低額の基準が最低賃金として法律に定められおり、これは都道府県ごとに定めた地域別最低賃金と、産業ごとに定めた産業別最低賃金の2種類があります。

会社は最低賃金以上の賃金を支払わなければならず、最低賃金に満たない給与を支払っていた場合には、不足分は無効となり、最低賃金と同じ金額を支払わなければなりません

最低賃金の対象者は、正社員、アルバイト、嘱託の区別なく、すべての労働者に適用されることが原則ですが、障害者など一部の労働者については都道府県労働局長の許可を得ることで最低賃金額以下の賃金で雇入れることができます。

<最低賃金の対象外になる者>

いずれも都道府県労働局長の許可を得ることが必要となる。

@精神または障害により著しく労働能力が低い者

A試用期間中の者

B厚生労働省が定めた職業訓練を受けている者

C軽易な業務に従事する者

D断続的労働に従事する者

最低賃金の対象となる賃金の範囲は、毎月の労働に応じて支払う基本的な賃金ですが、通勤手当や家族手当などは、最低賃金には含まれません。

<最低賃金の対象とならない賃金>

@臨時に支払う賃金(結婚手当など)

A1ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金(賞与など)

B残業手当

C精皆勤手当、通勤手当及び家族手当など

地域別最低賃金

産業別最低賃金

地域別最低賃金と産業別最低賃金が同時に適用される会社では、金額の高い方が基準となります。

転職サイトを使いこなす!

スポンサードリンク
カテゴリ
労働保険加入は義務
労働基準法の強制力
労働者の判断基準
労働基準監督署の業務
会社設立で労災保険の届出
会社設立でハローワークの手続
募集や採用で差別禁止
ハローワークで社員募集
外国人労働者の雇入れ
会社側からの内定の取消
雇用保険の加入手続き
社会保険の加入手続き
採用の試用期間とは
労働条件の明示義務
労働契約の期間
採用時に必要な書類
労働者の賃金とは
賃金支払の原則
賃金の非常時払いと前払い
賃金の出来高払いと保障給
法律で定められた最低賃金
休業手当と休業補償
平均賃金の計算
割増賃金の計算
割増賃金の計算方法と定額残業手当
賞与の性質
退職金制度とは
60歳以上で働く場合の年金
労働時間と拘束時間
変形労働時間制とは
1ヶ月単位の変形労働時間制
1年単位の変形労働制
1週間単位の変形労働時間制
フレックスタイム制とは
三六協定で時間外労働
休日と振替休日と代休
休憩時間の規定
みなし労働時間制とは
専門業務型裁量労働時間制とは
企画業務型裁量労働時間制とは
過労死と判断される場合
管理監督者の割増賃金
年次有給休暇の発生
年次有休日数の付与日数
年次有給休暇の時間分割
年次有給休暇の時季の変更
年次有給休暇の計画的付与
産前産後の休業と手当金
育児休業について
看護休暇と短時間勤務
介護休業について
裁判員制度での休暇
休職制度について
配置転換や転勤について
出向命令について
懲戒処分について
懲戒処分の制限
セクハラについての指針
未成年者との労働契約
労災保険の補償
労災保険の病院手続
第三者行為の災害の労災保険
労災保険の休業補償
通勤災害で労災保険
安全管理者と衛生管理者とは
会社の健康診断の義務
退職の意思表示
労働者からの退職の申入
定年退職の引き上げ
解雇予告と解雇予告手当
解雇が禁止される場合
普通解雇ができる場合
懲戒解雇できる場合
整理解雇できる場合
退職の際の雇用保険の手続
退職で社会保険の手続
就業規則とは
就業規則の作成手続
就業規則の不利益変更
個別の労働紛争の解決
個別労働紛争解決システムとは
労働審判の利用
Copyright (C)退職道場All Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします