労働問題の仲裁とは

退職

労働問題の仲裁とは

スポンサードリンク
 
退職道場労働審判の知識>労働問題の仲裁とは

労働問題の仲裁とは

仲裁とは、紛争の当事者双方が仲裁人の判断に従うという「仲裁合意」をした上で、仲裁人が当事者の言い分を聞いて判断を示す手続をいいます。

法的手続きとしての仲裁は、まず当事者がいずれも仲裁人の判断に従うという合意をして、そのうえで、仲裁人の判断を仰ぎます。

仲裁の特徴は、両当事者が仲裁人を選択して紛争の解決を委ねるという点で、紛争当事者間の紛争解決を仲立ちする手続は何種類もあり、労働事件に関係するものだけでも、訴訟手続、調停手続、労働審判等複数ありますが、当事者の側が、判断を任せる仲裁人を指名するのは少ないのです。

仲裁人を選ぶのは、まず当事者の合意で、仲裁人になるには特に資格のようなものはありませんが、当事者の双方が紛争解決の仲立ち役としてふさわしいと認める者でないと合意は成立しないので、紛争事項についての専門知識と中立性があることが大前提です。

仲裁の合意は、紛争が具体化する前の段階、契約を交わして取引を開始する段階でも可能で、一定の契約を結ぶ場合、もし紛争が生じたら**の仲裁を受けて解決すると合意をしておくのです。

労働問題の場合には、就職の時点でこのような合意をするというのはありませんが、海外取引の場合などに利用されているようです。

紛争が具体化した後で、片方が仲裁による解決を希望し、その相手もそれに応じる場合は、その段階で仲裁合意書を作成して、仲裁手続に入るのです。

転職サイトを使いこなす!

スポンサードリンク
カテゴリ
内定取消と経歴詐称と試用期間
賃金カットなどの賃金未払
労働条件や有給休暇やセクハラ
普通解雇と懲戒解雇と整理解雇
正社員でない場合の労働契約
労働災害の補償の規定
労働事件の示談
労働事件の示談の方法
残業手当の示談書ひな形
労働問題のあっせんとは
労働問題の仲裁とは
労働問題の仲裁判断書
労働問題の民事調停申立
民事調停の手続
労働問題の調停調書
労働審判は相手方は事業主
労働審判の調停と審判
労働審判申立書の申立の趣旨
労働審判申立書の申立の理由
労働審判申立書の争点や事実
労働審判申立書の証拠
労働審判を申し立てる
労働審判で調停成立
調停不成立で労働審判
労働訴訟の特徴
労働訴訟を小額訴訟でする
労働問題で支払督促する
労働訴訟の訴状
労働訴訟の証拠説明書
労働訴訟の答弁書
労働訴訟の原告準備書面と証拠申出書
労働訴訟の和解と判決
会社の財産に強制執行
会社の倒産で未払賃金立替払
未払賃金請求内容証明
会社に仮差押や仮処分申立
Copyright (C)退職道場All Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします