労働審判申立書の争点や事実

退職

労働審判申立書の争点や事実

スポンサードリンク
 
退職道場労働審判の知識>労働審判申立書の争点や事実

労働審判申立書の争点や事実

相手との間で争いになるであろう重要な争点や、予想される相手方の反論、申立に至った経緯も記載します。

予想される争点及び争点に関する重要な事実

1 相手方は、「申立人主張の労働時間が真実に反する」、「申立人が管理監督者であったので残業代の支給対象にはならない」と反論することが予想される。

2 申立人の労働時間の点については、甲6の手帳に記載されていた事項及び甲4の申立人陳述書及び甲5の証人陳述書から明らかな通り、相手方の業務をこなすには通常の労働時間では極めて時間が足りないのであり、申立人が主張する時間外労働等をせずに、所定労働時間内だけで相手方の業務をこなせるわけもない。従って、申立人は、その主張しているとおりの労働時間を費やしていたと認定するのが相当である。

3 管理監督者の点については、これも甲4甲5の陳述書で明らかな通り、相手方内部での業務の流れはひとえに相手方代表者の意向に沿ってなされるものであって、申立人が管理者の立場に立って業務を行っていたということはない。従って、管理監督者であることを理由とした残業代等の減額を認める判断をすべきではない。

労働審判申立書ひな形 争点や事実WORD

転職サイトを使いこなす!

スポンサードリンク
カテゴリ
内定取消と経歴詐称と試用期間
賃金カットなどの賃金未払
労働条件や有給休暇やセクハラ
普通解雇と懲戒解雇と整理解雇
正社員でない場合の労働契約
労働災害の補償の規定
労働事件の示談
労働事件の示談の方法
残業手当の示談書ひな形
労働問題のあっせんとは
労働問題の仲裁とは
労働問題の仲裁判断書
労働問題の民事調停申立
民事調停の手続
労働問題の調停調書
労働審判は相手方は事業主
労働審判の調停と審判
労働審判申立書の申立の趣旨
労働審判申立書の申立の理由
労働審判申立書の争点や事実
労働審判申立書の証拠
労働審判を申し立てる
労働審判で調停成立
調停不成立で労働審判
労働訴訟の特徴
労働訴訟を小額訴訟でする
労働問題で支払督促する
労働訴訟の訴状
労働訴訟の証拠説明書
労働訴訟の答弁書
労働訴訟の原告準備書面と証拠申出書
労働訴訟の和解と判決
会社の財産に強制執行
会社の倒産で未払賃金立替払
未払賃金請求内容証明
会社に仮差押や仮処分申立
Copyright (C)退職道場All Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします