老齢厚生年金を受け取る

退職

老齢厚生年金を受け取る

スポンサードリンク
 
退職道場退職後の保険・年金・税金>老齢厚生年金を受け取る

老齢厚生年金を受け取る

会社員だった人が老後にもらう年金は、老齢基礎年金と老齢厚生年金であり、原則65歳から支給されます。

老齢厚生年金(報酬比例の年金額)は次の計算式により算出されます。

平均標準報酬額×5、481/1,000(昭和21年4月1日以前に生まれた人は生年月日に応じて7、308〜5、562/1,000)×被保険者期間の月数

しかし、平成15年4月前の被保険者期間につき年金額を計算する場合においては、標準報酬月額のみを基礎とすることになっています。

平均標準報酬額×7、125/1,000(昭和21年4月1日以前に生まれた人は生年月日に応じて9、500〜7、230/1,000)×被保険者期間の月数

60歳から65歳までの人には特例的に老齢厚生年金が支給されており、これを特別支給の老齢厚生年金といいます。

昭和60年の法改正で、老齢年金の受給開始年齢が60歳から65歳に引揚げられたことにより、不利益を受ける被保険者が発生したためにこの特例措置となりましたので、将来的には廃止されます。

この特別支給の老齢厚生年金の対象となるのは、男性は昭和36年4月以前生まれ、女性は昭和41年4月1日以前生まれの人です。

国民年金だけに加入していた場合>

保険料を40年間納めた場合、65歳から月66,008円の老齢基礎年金を受け取ることができます。

夫婦で保険料を40年間納めた場合、2倍の132,016円になります。(平成22年の年金額)


基礎年金
66,008円

基礎年金
66,008円
合計
132,016円

夫に厚生年金保険の加入期間がある場合>

老齢基礎年金に上乗せして、老齢厚生年金も受け取ることができます。

老齢厚生年金は、加入期間の長さと給料に応じて決まるので、年金額にも個人差がありますが、厚生年金の加入期間が40年ある人の標準的な老齢厚生年金は月100,576円です。(平成22年度の年金額)

夫婦であれば、2人分の老齢基礎年金と合わせて232,592円となります。(妻が専業主婦の場合)


基礎年金
66,008円
厚生年金
100,576円

66,008円
合計
232,592円

転職サイトを使いこなす!

スポンサードリンク
カテゴリ
退職後の健康保険給付
国民健康保険への加入
同じ健康保険の任意継続
任意継続被保険者の保険料
健康保険の特例退職被保険者
国民健康保険の退職被保険者
健康保険の被扶養者になる
高齢者の後期高齢者医療制度
高額療養費の自己負担限度額
公的年金の給付の種類
退職後の年金の切り替え
国民年金保険料の納付免除
年金をもらうための加入期間
年金の任意加入保険者
厚生年金保険へ加入
厚生年金保険の保険料
老齢厚生年金を受け取る
在宅老齢年金の支給停止額
国民年金から障害年金支給
厚生年金保険から障害年金支給
遺族基礎年金の支給
厚生年金保険の遺族厚生年金
企業年金制度がある会社
ねんきん定期便の見方
離婚で厚生年金を分割
パートタイマーの社会保険加入
退職金と源泉徴収票の受取
源泉徴収票の見方
年末調整で税金を取り戻す
退職後の住民税の支払い
退職で年末調整ができない
災害、盗難、横領で税金が戻る
退職金に課税
公的年金の課税
退職後の事業は青色申告
会社が解雇する場合
解雇の場合は予告が必要
解雇予告除外の認定
懲戒解雇の場合の予告
解雇が制限される場合
解雇が制限されない場合
整理解雇ができる場合
退職証明書の請求
解雇理由証明書の請求
契約社員の契約期間
会社の労働条件の明示
労働契約書の交付義務
就職時の提出書類
労働契約の期間の上限
明示された労働条件と違う
会社が行う任意貯金
損害賠償額を定めた契約の禁止
前借金相殺の禁止
試用期間中の保険と解雇
特定理由離職者の要件
特定受給資格者の要件
失業認定申告書の書き方
年金請求書の書き方
Copyright (C)退職道場All Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします